レース使いの真っ赤なオーダーパソドレス☆彡

今日ご紹介するのは、

以前プロダンサーの友達の依頼で作ったオーダーのパソドレスです。

スタイル抜群の彼女なので、それを生かし切ることを第一に、露出しない中で体のラインを出して綺麗に見せるデザインを考えました。

赤へのこだわり

色は、フロアで映える朱赤に近い真っ赤を選びました。しかもマットな生地で。

赤は意外と難しい色で、照明の色や明るさ、周りの色との対比などで、見え方がかなり変わってしまうのです。

ある場所では綺麗に見えた赤が、別の場所では暗く沈んで見えたり、逆に白んで見えたり、くすんで見えたり、安っぽい印象になってしまったり…。

ドレスにする場合は、どちらかというと鮮やかな方に寄せておくのがオススメです。

特にパーティーのデモンストレーションなど

暗めの会場、照明で踊るときにはなおさらですね(・_・;)

こちらのドレスの赤い布も、色んな赤い布を色んな場所で見て試し、選び抜いた赤!

リーズナブルに抑えたドレスだったので、特別高価な生地を使ったわけではないのですが、

とてもフロア映えして、評判が良かったとのこと(^-^)

高価な生地は確かに発色の綺麗なものは多いのですが、

何より大事なのは、色味と彩度だと思っています。

それがうまくいっていれば、高価でない生地でもじゅうぶん見栄えします。

レース使いで、露出しないセクシー

前はV字、後ろはひし形にレースを配しています。

直接肌が透ける仕様です。

長袖ロングドレスでほとんど露出が無い中で、

セクシーさと抜け感を出したくてこのデザインになりました。

ベルト風のシャーリング使いもポイント

骨盤の位置に付けたベルト風のシャーリングは、ヒップの動きを強調させるように…

そのまま下に垂れ下げて、縦のラインを出してスッキリ見せています。

ちょうど左足の腿の真上に来るように、実際に着てもらいながら位置を微調整しました。

これが、ほんのちょっとでもずれると何かが違って、2人で「………。」「………?」

ちょうどぴったりの位置にきたところで「おぉぉぉ~!これだ!!」

と一致したのを覚えています(笑)

パソドレス、個人的に大好きなのです(^-^)

そろそろまたパソドレスが作りたい…。オーダーが来ないかなぁ、と首を長くして待っています✨

既製で作っちゃおうかな…ムフ。

黒パソドレスもいいし…赤・黒以外も作ってみたいし…ジプシーっぽいのもいいなぁ…

妄想膨らむ夜です。寝ると忘れるので、書き留めてから寝たいと思います(笑)!おやすみなさい(^-^)

Facebook
レース使いの真っ赤なオーダーパソドレス☆彡
この記事をお届けした
Famaの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

フォローする